どうせ嫌な仕事でも、なるべく負担感のないようにしたい

仕事はそれほど嫌いではないのですが、かといって好きになれるかというとそうでもありません。
確かに楽しいことややりがいというのを感じる瞬間もあるのですが、ずっとやりたいかというとそんなことはません。
「絶対にやめてやる!」と思うようなことはないが、仕事は仕事というような感じに近いかもしれません。
それでも、どうせ仕事をするなら、やることがなくて暇な時間が長いよりは、忙しく仕事をしているほうがまだいいと思っています。
時間に追われていれば必死になってやるし、そういう間というのは余分なことを考えずにいられます。
なので、私は普段からなるべく自分に仕事を集めて、忙しくなるようにしています。
ときどき量を見誤ってしまい残業になったりすることもあるのですが、終業の時間をずっとボーっと待っているよりははるかにいいです。
そういう時間というのは、時間を無駄にしているような気がして、なんだか無性にイライラしてしまったりするものです。
好きでもない仕事でも、少しでも「嫌だな」と感じることがないようにしていれば、それなりに楽しめるような気がしています。

何年も前にやっていた封神演義がなぜアニメ化したのか

つい先日、TVアニメ『覇穹 封神演義』を視聴しました。これは10年以上前に週刊少年ジャンプで連載していた『封神演義』を原作としたアニメで、根強いファンもいる作品です。

それにしてもかなり前の作品だなと思い、実際には何年くらい前の作品なのだろうと疑問に感じてしらべてみたのですが、どうやら1996年から2000年まで連載していた作品のようでした。10年以上前どころか、約20年前というところに驚きを隠せません。

しかしそんなに昔の作品が、どうして今になってアニメ化したのだろうと考えたのですが、もしかするとスタッフの中に、子供だった頃に封神演義を好きだった人がいるのかもしれませんね。最近は昔のアニメのリメイクやらも多いですし、「昔の良作をもう一度世に出したい」という人が、アニメ業界の中にいたのかも、と思います。

実際はどういった理由でアニメ化されたのかは分かりませんが、なんにせよこうして昔の作品が再び世に出て、新しいファンを取り込むというのも良いですね。アコム atm 返済 方法