中年になった私に思い出させてくれた少女胸中

四十路位から急激にスタミナの減退や体の関節の痛みが気になり始めたのでお友達の勧めでヨガをやり始めました。
ヨガを始めてやったポイント、更に結構体躯がタフで立って前述曲がるような休息の時は気をつけないと前に転がって仕舞うくらいタフでした。
でも健康の為に一生懸命やって、今や5世代ほど経ちました。体躯も当初の内とは見違えるほど関節の可動層がひろがり
今までつらいと思った休息も今では体躯が在るニュアンスが清々しい〜と見えるほどになりました。
ある日ヨガ実習に行くと、いつものインストラクターがお休日で身代わりのインストラクターが来ていました。
それもピンピンのインド人紳士のインストラクターだ。面構えの彫りもきつく、ヨガの休息も勿論本場という様な雰囲気を出してやってくれました。
ヨガ稽古の最後の休息に「死体の休息」というのがあります。ヨガマットの上に仰向けになって寝て
両手両足を大の字に広げ全身の力を抜いて視線を閉じるだけの休息なのですが、その休息中に私の肩が固くて
マットから両肩が浮いていたようで、それをインド人のインストラクターが私の両肩をマットに押し付けました。
急に押されたので、ビックリして視線を開けたら面構えの前にインストラクターの面構えが超近くにあって、もっと紳士として意識してしまいドキドキしてときめいてしまいました。
インドのインストラクターにロマンスをしたわけではありませんが、紳士を思い切り近くで見た事が超久し振りだったので女児内的を思い出せていただける想い出でよかったです。お嬢様酵素 販売場所